So-net無料ブログ作成
検索選択

脱毛のポイント 濃い毛には痛いが反応は大きい

スポンサーリンク




脱毛のポイントとして、濃い毛には痛いが、
反応は大きいという事があげられます。

これは主に光脱毛機では特徴的な反応です。

光脱毛の反応のしくみとして、
毛根(毛の種の袋)と黒いものに反応して効果を促すものとされています。
濃い毛の人はこの毛根(毛母細胞)が大きく黒いのでより反応しやすいです。
なので、脱毛効果が大きくなりますが、多少痛みがあります。

痛みといっても、レーザー脱毛のように麻酔が必要なほどの痛みではなく、
輪ゴムでパチンとはじかれたような、一瞬の痛みであって、
無痛ではないというくらいのものなので、不安になる範囲では全くありません。
クリニックでのレーザー脱毛や、ニードル脱毛(針)の痛みとは、はるかに、比べ物にならないくらいなもので安心です。

しかも、最初だけの痛みであって、脱毛施術の回数を重ねていくほどに、
毛根が小さくなっていくので、だんだんと、無痛になっていきます。
痛みをさほど感じない頃には、かなりの減毛効果が出てきています。

なので、男性は女性に比べて剛毛ですので、最初のうちは多少の痛みと赤みはあります。
女性でも、Vラインや、脇、ひざ下の部位が剛毛な人も同じくです。
その代り、早い人では、2か月目には半分くらい減毛効果があります。

赤みが出ても、ハンカチを巻いた保冷剤等で数時間、冷やせば、簡単に解消します。
減毛効果が出てくると、赤くなることもありません。

クリニックでのレーザー脱毛では、赤みが出ると、色素沈着してしまって、
シミのように残ったり、ひどい時には火傷のように跡が残ったということも良よく聞きます。
クリニックでレーザー脱毛をされる場合は、カウンセリング時に必ずこの事を確認されてから、
施術するか決められた方が良いと思います。

以上のことから、
脱毛効果を得るためには、通い続けられるかどうかが、当然、非常に重要ポイントとなりますよね。
いくら効果が高くても、痛かったり、跡が残ったりすると、通い続けられなくなってしまいますよね。
最低1年は通い続けられる所を選ぶのが最大のポイントですよね。

レーザー脱毛や、ニードル脱毛は医療機関、永久脱毛と謳われているので、安心で最初は選ばれる人も多いですが、痛すぎたり、とにかく1本1本の処理なので、施術時間が膨大にかかるという難点から、それらの難点を払しょくした、光脱毛へと、チェンジする人が多いです。
途中で解約すると、返金も保障されなかったりで、金銭面で重複しながら光脱毛へチェンジしてしまうパターンが多いのは残念でもありますよね。

一昔前までは、脱毛は、ニードル脱毛か、レーザー脱毛しかなかったからなのです。
なので、脱毛は高額で、痛くて、拷問のような長時間を乗り越えなければなりませんでした。
無理な勧誘も多かったです。

それから、光脱毛が普及して人気となっているわけです。
人気で需要も多いので、安くキャンペーンが実現できるわけです。
光脱毛でも出た当初は全身コースで20万~30万円はしていましたうぃ、勧誘も強かったです。
女性でもなかなか手が出せなくて、カミソリで毎日剃っては、黒ズミを悩んでいる人が多かったです。

で、それからどんどん安くなって、全身コース10万以下のサロンもたくさんあります。
勧誘もするサロンは減っていて、クーリングオフもできます。

なので、誰でも気軽に脱毛できるようになって、更に需要が大きくなりました。
最近では、高校生も親の承諾書付きで希望する人がとっても多いですよね。
毛深い悩みを持つ、小学生の親御さんも多いといいます。

昔は夏に電車のつり革を持つ女性の脇が、カミソリでの自己処理で、ヒゲのようにジョリジョリになっていましたが、今はほとんど、見かけませんよね。
これも、脇脱毛がいかに、普通の身だしなみへと浸透しているかが伺えます。

男性も顔半分が青髭で、、、のような人もあまり見かけなくなりましたよね。
だんせいのヒゲ脱毛もとっても多いです。

毛深い悩みも解消されて、生まれ変わったように気分が明るくなって、
毛穴も小さくなって、ツルツルお肌になれて、
本当に脱毛効果の高さは有難いものですよね。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。